2005.10.15

【映画】ベルベット・レイン(一部ネタバレあり)

某集まりの面々による慰労会ということで「ベルベット・レイン」見にに行ってきました。(お誘いどもでした!)この映画なんといってもキャストが魅力的です。インファナル・アフェアの面子が再集結ってかんじで・・。アンディ・ラウをはじめとして、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャンなどなど。他が韓流で盛り上がっているところ、こちらは華流で盛り上がりました~。やっぱ華流ツボです!

続きを読む "【映画】ベルベット・レイン(一部ネタバレあり)"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.02.21

【映画】マインドゲーム

周りの友人から「マインドゲーム」いいよ~と言われていたものの、画風にイマイチ気乗りがしなかったので見ないままとなっていたこの作品ですが、KAIZUKAさんのご好意によりDVDを貸していただけることになりました。(どもです!)

で、この映画思っていたよりも全然オモシロかったです。ヤクザ、借金取りといった暗い場面から始まるので、最初のほうはダウナー気味で見ていたんですが、逃げ出して爆走するあたりから、話がハイテンションになり、手に汗握ってしまいました。何故?とかどうして?はこの映画には必要ないですね。とにかくノリで乗り切る・・。そんな映画です。このノリについていけない人はつらいかも・・・。ぐっさんとか今田耕司の配役もピッタリでしたし、ROVOの山本氏の音楽もアンビエントなかんじで極彩色の映像によくマッチしていたと思います。疾走感ある映画なので、スカっとしたい時にみるといいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

【映画】ハウルの動く城

一応宮崎作品ということで見てきましたが、今回はちょっとストーリーが分かりにくくていつもより感情移入しずらかったというのが本音です。おばあさんってのがかなり全面に出ていたので、おばあさんパートがかなり多いのかと思いきや、案外少女に戻っていたのでそれも少々拍子抜けしました。ただ、アルザスをイメージした風景や、全体を流れる音楽はとてもよかったと思います。それだけに、もう少しなんとかならなかったのかなぁ・・という思いが強いです。

(以降ネタバレあり)

続きを読む "【映画】ハウルの動く城"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.13

【映画】インファナル・アフェア /無間序曲

このページで感想を書きましたが、「インファナル・アフェア」
第一部
に引き続き、第二部「無間序曲」を見てきました。
本当は、アンディ・ラウが出ないから、見なくていいや・・って
思っていたんですが、見てきた友人があまりにススメるので
見てきましたが、いや、見るべきです。コレ。

主役の2人エディソン・チャン(若き日のラウ)、ショーン・ユー
(若き日のヤン)は確かに見目麗しく、映画館の女性率が高
いのも納得・・・なんですが、なんといっても、ウォン警部役の
アンソニー・ウォン、マフィアのボス、サム役のエリック・ツァン
の渋い演技が光っていました。エリートマフィアのフランシス・
ンや、サムの女房役のカリーナ・ラウも演技的にはひけをと
らず、映画の質を高めていました。

(以降一部ネタバレあり)

続きを読む "【映画】インファナル・アフェア /無間序曲 "

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.10.10

【映画】ホテル・ハイビスカス

友人宅でビデオ上映会をやった際に、友人がオススメの一本
ということで教えてくれた作品。「ナビィの恋」の中江裕司監
督作品で、沖縄のホテル・ハイビスカスという古いホテル(ホ
テルといっても普通の一軒屋に近い・・)に住む家族の様子
を淡々と描くロードムービー的味わいの作品。といっても、暗
いイメージではなく、沖縄のカラっとした明るさとマッチするよ
うに家族の暮らしを朗らかに描き出している作品です。

主人公役の美恵子ちゃんの存在がとにかく強烈。女の子の
ガキ大将(昔いたような・・)で、子分の男の子をグーで殴っち
ゃう強気な面をみせつつ、お母さんがいないと一人でベッドで
泣いたりする弱さも見せたりと、いろんな表情を見せてくれて
感心させられました。また、全ての演技が自然なんですよね
・・。地でいっているのかもしれないけど、最近の子役はスゴ
イですね~。

続きを読む "【映画】ホテル・ハイビスカス"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【映画】ギャラクシー・クエスト

今日は、もうすぐ出産でなかなか外にでれない友人を楽しませ
ようとみんなで集まってビデオ上映会をやりました!お気に入り
の一本を持ち寄るっつー話だったんですが、私がもっていったの
はコレ。ちょっと前にミニシアター系で話題になったSFコメディー
調のお話です。

ようは人気SFドラマのスタートレックをパロディにした映画なんで
すが、ファンじゃなくても全然楽しめます!ちょっとオバカ系のお
笑い映画好きならツボに入ること間違いなしです。

続きを読む "【映画】ギャラクシー・クエスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.22

【映画】LOVERS

金城が出るというよりアンディ・ラウが出るというので見ようと
思っていたLOVERSですが、出遅れてしまい、今ごろ見ました。

「英雄」に続く、チャン・イーモウ監督のアクション+恋愛映画
なんですが、「英雄」が期待していたのと違っていたので、今
回もあんまり期待しないで見ようと思っていたんですが、「英
雄」より良かったです。やっぱり、チャン・イーモウ監督は個々
の人にクローズアップして撮った話のほうが好感もてます。

今回は、主役3人の心情が複雑に絡み合ってドロドロしていた
のが楽しかったですね・・。こういうドロドロしたのって人間の
本質ってかんじで真に迫っていました。
(以降ネタバレあり)

続きを読む "【映画】LOVERS"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.07

トロイ見てきました

この手の映画で、「ベン・ハー」を超える作品はやはりないな・・
というのが第一感想でした。グラディエーターに比べてもやっぱ
り下かな・・。ストーリーを練るって点ではね。

というのも、焦点がはっきり定まらなくて、歴史モノ、恋愛モノ、
戦闘モノが同じぐらいの配分で撮られているから、かえって中途
半端になっているかと・・。どれか1つに力をいれればよかのに・・。

感情移入もかなりしずらいです。主人公ブラピ演ずるアキレスはブ
チ切れると、極悪になるし、トロイ側も人の奥さんさらってきて自業
自得なところはあるし・・。とくに、オーランド演じるパリスはダメダメ
すぎて笑っちゃいましたよ。あれは、オーランドファンショックだろう
なぁ・・・。一応元エルフィーってことで弓矢の見せ場はあったけど。

ただ、カッコイイ男ぞろいなんで、それを見に行く価値はあります。
ブラピ、エリック・バナ(かなりカッコ良くて見直しました)、オーラン
ド、ショーン・ビーンってね。私もショーン・ビーンが見れたからそれ
でいいやと満足しております。(笑)オデッセウス適役~。中間管
理職で苦労人なところが、LOTRのボロミアと重なります。
確かオデッセウスには飼っている犬がいたはずなんだけど、映画
ではカットされたのかな?残念・・。

ちなみに映画しょっぱなから、これでもかってぐらいみんな脱いで
いて、ちょっとびっくりしました。ブラピも、オーランドも脱ぐ脱ぐ・・。
裸祭り??鍛え上げた肉体をみてもらいたかったのかな?アメリ
カン映画はやっぱり脱がないとダメなんですかね。ストーリー上そ
んなに必要ない気もするけど、これもファンサービス・・なのかな?
(^ ^;)

トロイ公式サイト
TROYサントラ
troy.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.24

【映画】ベアーズ・キス

絵本っぽい絵柄の予告がかわいくて見ようと思って忘れていた
映画です。偶然ビデオ屋でみつけたのでかりてみてみました。

もっとファンタジーっぽいものを想像していたんですが、案外現実
的。サーカスというだけで悲哀が漂うんですが、主人公の女の子
のまわりの人々が次々と不幸にあい、一人ぼっちになっていく様
がまた物悲しいです。

総体的なストーリーはおもしろい、とかハラハラドキドキというもの
ではないし、淡々と物語がすすんでいくのでそこらへんはつまら
ないといえばつまらないのですが、ところどころグッと胸にくるシ
ーンが挿入されていてそれがヨイのです。

一人ぼっちになった主人公が熊と踊るシーンや、自由に旅をする
ジプシーをじっと見つめるシーンとか・・・。主人公の背後に抱える
想いがにじみだしているようで・・。せつない感じがなんともいえな
いです。どんどん追い詰められて迎えるラストにまたホロリ。
ハッピーエンドといえばそうなのかもしれないけど、ちょっぴりビタ
ーなエンディングでした。


bearkiss.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.06.21

【映画】女はみんな生きている

「赤ちゃんに乾杯!」のコリーヌ・セロー監督作品。フランス映画
は見ないことが多いけど、これは監督が好きなのとキャッチー
コピーに引かれてみました。平凡な主婦が、暴君の旦那にはむ
かう・・・なんてスカッとしそうだし。

ビデオで見たけど、フランス映画がキライな人にもススメられる
映画です。笑いあり、涙あり、感動あり・・と様々なエッセンス
が盛り込まれてグッときます。これをハリウッドでやっちゃうと
ヤリすぎ感が強くなっちゃうんだろうなぁ・・・。フランス映画の
小気味いいテンポ、カラっと乾いたタッチが、絶妙のバランス
を生んでいます。

ストーリーは、暴漢に襲われている謎の娼婦を平凡な主婦が
助けるところからはじまっていますが、はじめは、やっかいごと
に係わるな・・という旦那様に従順だった、主婦のエレーヌが
襲われていた娼婦のノエミと結託して、だんだん強く、したた
かになって、旦那やノエミの周りをウロつくマフィアに逆襲して
いく様が痛快です。マフィアと平凡な主婦という組み合わせが
荒唐無稽にならないように、脚本も丁寧に練られている感じが
します。たまにはフランス映画もいいなという気になりました・・。

女はみんな生きているオフィシャルサイト

| | コメント (0) | トラックバック (4)