« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

【六本木】ニコラス

映画を見た帰りに立ち寄ったイタリアンレストランです。

ニコラス六本木本店

なんでも、日本に初めてピザを紹介したお店だそうな・・・・。
期待して行ってみましたが、ピザはやっぱりおいしいです。特製ソーセー
ジのピザがまた絶品で、ソーセージにハーブが使われていて濃厚なお味
でした。クリスピー系なんだけど、そこまで薄い生地じゃないので、パンピ
ザ系が好きな私としては満足のいくものでした。手打ちのパスタ(フレッシ
ュトマトのジェノバソース和え)も麺がモチモチしていておいしかったです。

元々格式の高い店だったらしいですが、今では改装してややカジュアル
になったらしいです。といっても、店内は落ち着いたかんじで、インテリア
もトーンが抑えてあって大人な雰囲気です。テラス席もあるので、晴れた
日は外で食べるのも気持ちいいかもしれません。

ちなみに土曜日は「ランチ」はやっていませんでした・・。残念。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画】ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還

「ロード・オブ・ザ・リング」

これで最後なんだ・・と思うとちょっと悲しい「ロード・オブ・ザ・リング」
ですが、とうとう見てきました。場所は六本木ヒルズ。席がゆったり
しているし、音響もいいのでオススメです。

1,2は既にノーカット版で何度も繰り返し見ているので予習はバッチリ。
で、3はというと、3部作の最後を飾るにふさわしい壮大なスケールで
かなり満足しました。

でもね。ちょっとカット多い気がします~。ノーカット版見ると、「あ、コレ
必要だよー。」と思えるシーンがいっぱいあるんだけど、3がカットされた
シーン最も多い気がします。ヘンな間があったし。早くノーカット版出て
ほしぃーーー。

それでも、象さんやら、ナズグルやら、敵の本隊が攻め込んでくる戦闘
シーンは圧巻でした。多少「コレありえないよ・・・」というシーンもあった
けど、特殊効果にたよりすぎず、トルーキンの目指した「本当の歴史の
ように見える物語」をよく映像化していると思いました。最近特殊効果に
頼りすぎている映画が多いから逆に新鮮かも。

今回の映画の感想の要点をまとめてみるとこんなかんじですかね。

・エオウィン姫が、エオメル以上に活躍しちゃってる。
・ナズグルの乗っている飛竜のお目々が案外つぶらで笑えた。
・ガンダルフ魔法使いなのに案外格闘派。
・メリーとピピンの友情に泣ける・・。
・ゴラムが熱演。ゴラムが生かされた意味が分かる。
・ローハン軍カッコイイ。セオデン王もカッコイイ。

そして、何よりも・・・・サム、カッコ良すぎ!!

3はサムの映画ですね。サムとフロドの友情に感動の嵐です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.26

毛布どろぼう

毛布どろぼう犬発見!
moufudorobo.jpg

ひきずり下ろしちゃいました・・・・。
hikizuri.jpg

くわえて逃走中・・・。
moufukuwae.jpg

捕まって、反省・・・・。
hansei.jpg


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.25

スイーツフォレスト道

ナムコがプロデュースしたという洋菓子専門のフードテーマパーク
「スイーツフォレスト」。以前ナムコの担当者がいかに苦労して、一
流パティシエ(普段はこのような出店にでてこないような人々)をく
どき落したかというドキュメントが放送されていたのを見たんですが、
それ以来、ぜひ一度行って味見をしてきたい思っておりました・・・。

自由が丘スイーツフォレスト

とは言っても並ぶのが面倒・・。混んでいるだろうから・・となかなか重い
腰をあげずにウダウダしていたところ、知り合いがなんと、並んで買っ
てきてくれました。ラッキ~!さすがにどれもおいしかったです~(*^ o^*)

sweetforest.jpg


<手前>
オーベルジュ・ドゥ・ヒゲ
「りんごとはちみつのムース フランボワーズ添え」
~ムースの柔らかな甘味(はちみつが効いています。)とフランボワーズ
  ブルベーリーの果実の酸味がよくマッチしていました。

<右>
ネオシティングルーム
「豆乳(?)のクリームチーズケーキ」
~和風なので、おそらく豆乳系だと思うのですが、それと、チーズケーキ
  をかけあわせてたような不思議な味でした。

<左>
Q.E.D.パティスリー
「やわらかプリン」
~「パステル」のプリンよりやや固いのですが、特製のキャラメルソース
 をかけたプリンは甘さ控えめで激ウマでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【映画】アイデンティテイー

しばらく映画を見ていなかったのでビデオを借りにいったところ、見ようと
思って見損ねた「アイデンティティー」がビデオになっているじゃないですか。
早速借りてみてみました。

identity.jpg

バラバラな境遇の11人が大雨で古びたモーテルに閉じ込められ、そこで
起こる猟奇殺人。次に殺されるのは誰か・・。といったかたちで話が始まる
んですが、とにかく、全体のテンポが良くて、ハラハラドキドキしながら、
映画を見ることができました。

「セブン」と似た雰囲気ですが、「セブン」ほど残酷ではなく、殺人犯が一体
誰なのか?という点に重点をおいたサスペンス風味の強い作品に仕上が
っています。とにかく、この人が犯人?と思ったら、その次の瞬間には殺さ
れていたりして、まったく先が読めませんでした。最後の最後にまた大どん
でん返しがあるので必見です。久々に脚本が練られた映画に出会えました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.02.22

オーガニック・カフェ

和風カフェに引き続きカフェシリーズ第二弾!!今回は表参道にあるオーガ
ニック・カフェに行ってみました~!

BROWN RICE

場所がわかりずらいところで、ぐるぐる回ったところでようやく発見。
オーガニック・カフェというと味気なさそうで、男性はあまり来ないかな
と思いきや、案外、カップルやら家族連れがきていました。みんな健康
に気をつかっているのね~。とひとしきり感心したところで、メニューを
チェック。

ランチメニューは、季節野菜せいろ蒸し膳と日替わりランチの2000円コ
ース2種、1600円のバーガーセット、カレーセット等何種類かありました
が、せっかくなんで、2000円の日替わりメニューにしました。

前菜が、ごぼうの胡麻和え+天然酵母パンの煮リンゴ、ライディッシュ、
カブ添えでした。どれもオーガニックなせいか、普通市販で買う食材よ
りも味が濃厚!とくにごぼうが素朴な味がおいしかったです。
brown_rice1.jpg

メインは、揚げ豆腐のパプリカ風味夏野菜添え、ひじき煮物、ゆりの根
の漬物(?)かぼちゃ煮、ハーブのグリーンサラダ、根菜入りの味噌汁
です。コレに玄米ご飯または天然酵母パンもつきます。
brownrice2.jpg
もともと大食いなので、こんな量で、しかも肉・魚なしのランチで足りる
のぉ~?と思っていたら、これがまた案外お腹ふくれるんだな・・・。
豆腐にボリュームがあるんですねぇ・・・。天然酵母パンを2切れしかな
いのに、お腹にどっしりきます。穀物がかなりきいているからなのか・・。
うーん、スゴイ。

最後にデザート。レモングラス等のハーブジュースを寒天で固めたゼ
リーとそば粉を使ったブラウニーっぽいケーキ。あと、ジンジャーと
レモングラスのハーブティーです。これは今イチ・・・。寒天がベタ~
とした触感で好きになれませんでした。(^ ^;)
brown_rice3.jpg

落ち着いた雰囲気の店内なんでかなりくつろげます。次回はオーガ
ニックカレーにチャレンジしたいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.21

ジョン・レノン・ミュージアム

さいたま新都心駅にある「ジョン・レノン・ミュージアム」。

以前から気になっていたのですが、とうとう行ってきました。さいたまスタジアム
の4,5階が展示室になっていてまず通されるのが、ミニシアターのような場所。
で、7分程度のジョン・レノンの生涯をまとめたミニフィルムを見させられます。
かなりさみしい幼少時代を送ったジョンのエピソードにジーン・・ときていたら、
お姉さんにとっとと出ろとせかされてしんりムードが台無し・・・。もうちょっとひた
らせて欲しかった。

追い立てられて到着した展示室は、ジョンの幼少期からビートルズ結成、オノ・
ヨーコとの出会い等年代を追って部屋が分けてあってかなり見やすかったです。

館内を流れる曲はどれも耳にしたことのあるなじみの曲ばかり。「ヘルプ」が
流れていて説明をみると・・コレって案外深刻な時期に作られた曲だったん
ですね・・。曲調が明るいんで、今まであまり深刻な歌だなんて思ったことも
なかったけど、説明を見ると、人気が出すぎて苦しんでいるときに作ったもの
だとか・・・。有名すぎるのも大変なんだな・・・と。

ビートルズの頃もそれなりにいいけど、ヨーコ・オノと出会った頃から平和活
動に傾倒したり、子供が生まれた後は主夫として活躍したりと、展示物を
通して描かれている人間っぽいジョンのほうが親近感がもてて好きでした・・。

imagine.jpg

久しぶりに「イマジン」をじっくり聞いてみたくなりました。

ちなみにミュージアムを見に来るならランチは「ホテル ブリランテ武蔵野」
内のフレンチ「ル・ソレイユ・ルヴァン」がオススメです。土・日でも1000円、
または1200円のお得ランチがあるのです。これは1200円でデザートがつ
いたコース。味もなかなかです。

burirannte1.jpg

burirannte2.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.15

和風喫茶

ココログジャンキー(中毒)になるとオシャレなカフェを紹介したくなるら
しいですが、私もついにその域まできました・・(笑)でも、単なるカフェ
じゃツマらないんで、今回は地元で有名な和風喫茶です。

ギャラリー楽風(らふ)

明治24年築の古い日本家屋を改造した喫茶なんですが、二階がアー
トギャラリーになっていてその時々、いろんな展覧会が開かれています。

二階に上がるとこんな感じで、漆喰や木の柱が見えます。
wafu-kabe.jpg

いまどき珍しい自然の木の形をいかした梁。
wafu-hari.jpg

芽茶、茎茶、ぐり茶などいろんな種類のお茶が飲めます。下の写真は
和菓子セットで「梅一重」というごぼうを漉し餡でまいたお菓子です。
wafu-ocha.jpg

本格的な茶釜でお湯を沸かしてあります。何度でもお湯のおかわりが
できるのでお得です。
wafu-chagama.jpg

二階の窓からの眺めです。ポカポカ暖かい陽気の日に、ここからボーッ
と外を眺めているとかなりなごみます。
wafu-mado.jpg

| | コメント (9) | トラックバック (0)

テーブルヤシ

最近ミニ観葉植物にはまっています。
これは、人様にもらったテーブルヤシなんですが、順調に育って
います。こういう植物って、部屋に置いておくと和むし、何よりも
育ってくれるのがかわいいです。

tableyashi.jpg

調べるといろんな種類があるので、次に何を買うか迷ってしまい
ます。ハーブとか料理に使えるのもいいかも・・・。

<お気に入りページ>
みにぐり~ん名田植物園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒートアップするペット服

最近小型犬に人気がでているせいか、ペット用洋服というものがかなり
出回っています。確かにレインコートとか便利なものもあると思うんです
が、あきらかに人間側の都合によってのみ作られているモノもあって、
どうなんだろう・・・って思ってしまいます。

特にコレ・・・。

ドッグユニフォーム(ユニフォーム&キャップ)

いや、別に巨人ファンでも、阪神ファンでもいいんですけど・・・。


犬にっとっちゃ関係ないと思うんですよ・・。


球団選手のユニフォームと同じ素材まで使っていて、ファンにとって
はたまらないんでしょうが、帽子まで被らされている犬って・・・。
ちょっとかわいそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.12

家庭用石釜セット

パン好きの友人サイトを覗いていたら、こんなものがありました。

家庭用石窯セット

 「そとはパリッと中はもちもちっとした本格派のパンを焼いてみませんか」
確かに心引かれるキャッチだけど・・・。

コレって・・・・・・家庭用なの?

=============================================
1. サイズ 床材 91×92×H15cm
本体 90×85×H51cm
(内側60×60×H36cm)(レンガの台はオプションです)
2. 重量 約590kg   
3. 付属品 鉄製前面カバー(未塗装)、灰かき用スコップ、排煙用エントツ
価格 268,000円オプション
■設置用スチール製台(92×92×H70cm)  28,000円   
■設置用レンガ台(92×92×H70cm)  120,000円
=============================================

一般家庭で買ってコレを置いている人がいたら見てみたいものです。
ある意味拍手をおくります。都心ではまず無理なんじゃ・・。

どのぐらい売れていてるのかぜひ知りたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.11

捨て犬

こんな記事に出会うと悲しくなります・・・。

<秋田犬「最後まで育てて」(共同通信)>

うちの初代も二代目も雑種でかつ捨て犬です。
そのままヘタにウロついていたら、保健所送りでした・・・。
本当にちゃんと責任をもって飼って欲しいものです!

二代目は家にきた当初はノラっぽくてギスギスしたかんじでしたが、
今はこの通りやんちゃっ子です。不思議なことに顔も初代に似て
おだやかになってきました。

油断するとドアを鼻であけてしまいます・・(笑)


様子を伺って・・・

yosu.jpg

頭を割り込ませて・・・

atama.jpg

鼻で開けます。

hanaake2.jpg


| | コメント (5) | トラックバック (0)

犬好きの為の・・

犬が出ている漫画を見るとつい手にとってしまうのですが、その中で
も秀逸なのが「まっすぐにいこう」です。

まっすぐにいこう

mame.jpg

(漫画とDVD両方でています。↑はDVDです)

主人公の「郁子ちゃん」が飼っているマメタロウ雑種(柴犬系)の目を通して、
高校での生活の様子、人間関係をコミカルに描いています。

ボディーガード気取りのマメが、おっとり紀州犬のハナコちゃんや、天然ボケ
ヨークシャーテリアのセバスチャンらと、毎回騒動を起すのが楽しくてたまり
ません。

ただ、楽しいだけではなく、揺れ動く恋愛模様や、友人関係の悩みなど、
身の回りで通常起きうるようなシリアスなシーンも丁寧に描かれていて
読んでいて心に染み入ります。犬好き以外の人が読んでも楽しめる本ですが、
犬好きなら、さらに楽しめる1冊だと思います。

最近文庫化していて目についたのでアップしてみました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.09

針治療体験記

今まで痛そうだから・・と敬遠してきた「針治療」ですが友人が通っていて「肩コリ
に効くヨ」というので、勇気を出して行ってきました。

針灸師のNさん(女性)は、とってもきさくな方で、ホームページにぜひこの治療内
容をのせたいというと、かなりノリノリで、針や治療の写真をいっぱい撮ってくださ
いました。(ありがとうございます!)

カウンセリングを受けた後に、専用の治療服に着替えて、いざ治療タイムへ突入!
針は自分の専用の針を用意してくれるのですが、コレがその針です。

hari.jpg

針の横にある銀の筒状のものに針をセットしてツボに当てて、上からトントンと
軽く叩いて、徐々に針を埋め込んでいきます。この針は使い捨てのものより、
柔らかくてうつ時に痛くないそうです。思っていたより細くてちょっと安心。
(太かったら痛いって・・)

ちなみに目の周りにもうってもらったんですが、目の周りはデリケートなので、
金の針を使ってもらいました。銀の針よりさらに細くて柔らかいので、目元に
いいそうです。目のまわりの小さなツボを探り当ててもらって、(職人技です)
うってもらったら、おおーっ!見えるではないですか!本当に視界がくっきり
しました。スゴイ威力です。

実際の治療シーン。足の踵に針を刺して先っちょにお灸をつけて燃やしています。
針がツボに入るとチクッと刺激があるんですが、その次にじわ~んと脱力していく
かんじです。針を通してじんわりとした熱がツボに伝わってきて、気持ちいいぐらい
です。ちなみに私は扁桃腺が弱いそうで、ココは扁桃腺のツボらしいです。(扁桃
腺のツボが踵にあるってのも不思議なんですが・・)

chiryo3.jpg

鼻専用の鍼もありました!先の丸まっているところを、温まる程度に火であぶって
鼻の粘膜の奥のほうまでツッコミます。かなり強烈で鼻からノドにかけて、鉄の味
がするし、痛いしでフガフガしてしまいました。でも、この痛みに耐えれば、花粉の
刺激に耐える鼻をゲットできる・・と自分を励ましなんとか乗り切りました。だんだん
刺激に慣れていくらしいので、次回からこんなに苦しまないと思います。(そう思い
たい・・・)今年の花粉シーズンが天国となるか・・・期待度大です!

変わったところでは、こんなモノもありました。

take.jpg

「竹の輪灸」というモノで、竹の中にモグサを詰めて燃やして、暖まった竹を体の
上でコロコロ転がすそうです。私は肩のコリがひどかったので、先にコレで暖め
てもらってほぐしてから、針をうってもらいました。これはかなり気持ちイイです。

治療が終わるとかな~り脱力します。それだけ、毎日体が強張っていたんだと
その時はじめて実感できました。特に驚いたのが肩の位置。肩って普通こんな
に下がるもんだっけ?というぐらい筋肉の緊張が解けていました。

スゴイ・・・医療行為だけあって、すごい効果です。とにかく驚きでした。

続けることによって、抵抗力が増す上、アトピーにも効くそうです。(ただし、アト
ピーの場合はすぐには治らないので、根気よく通う必要があるそうですが・・)

いや~、針の世界は奥が深いです!東洋医学侮りがたしです。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2004.02.08

CD将軍2

CD将軍

友人が懸賞で音楽ギフト券に当たりました。いいなあ~。懸賞運全くなしの私
ですが、もし当たったらこんなものを買うだろうと3つ選んでみました。買お
う買おうと思って忘れていた作品群ですね。

C.L.L Crystal Lover Light (Crystal Kay)

crystal.jpg

今や超売れっ子のCrystal Kayのファースト。彼女のmusic videoをはじめてみた時は
こんなの歌える子が日本にいたのか~とびっくりしました。スタイルもいいし、声も
いいしで文句なしです。

ハルカリベーコン (HALCALI)
halcali.jpg

とにかくダル~い歌で心地よく脱力させてくれる不思議なパワーをもった2人組
HALCALIのファーストです。覚えやすいメロディーで、知らないうちに口ずさんで
いるという恐ろしい影響力をもった作品です。

Play (Moby)
moby.jpg

「ロード・オブ・ザ・リング」出演のショーン・ビーン氏が「Moby」のmusic videoに
出ていた!ということで、「Moby」のCDを買っていないことを思い出しました。
S.B氏が出ているのは「18」のほうですが、個人的には「Play」のほうが好きです。

ちなみにMobyは「白鯨(原題:Moby Dick)」を書いた小説家ハーマン・ メルヴィル
の一族の人です。Mobyという名はここからきているらしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.05

イタ飯って死語?

最近聞いて驚いたのが、「イタ飯はもはや死語」ということ・・・。
いつのまに死語になっていんだ・・。

じゃ代りになんて言うの?と聞くと「単にイタリアンって言う」とのこと。
そうなんだ。イタリアンでいいんだ・・。じゃ、これからイタリアンでいこう。

でも、この言葉いつから死語になったんだろう・・・。と、気になるので
ネットで調べてみました。

「死語どっとコム(イタ飯)」

で、調べたらありました「2003-10-09」に登録されていました。
ということは「2003-10-09」からこの言葉は死語になったワケなのか・・。

そもそもどうやって死語になっていくんでしょうか・・。おそらくだけど、誰かが
「それって死語だよー」と言い始め、まわりにいる人々も「同意しないと遅れ
ていると思われる・・」と思って「そうだよねー。死語だよね。うっかり使っちゃ
ったよ・・。ははは・・。」ってな具合で誤魔化して、使っている人々に「それは
死語だよ・・」と広めていくのかな?謎です。そこらへん誰か研究すればいい
のに・・。

見ていると案外なつかしい言葉もあったりしてハマります。↓

「ナウな死語辞典」

「アダモステ」とかね・・・。もう知らない人も多いんだろうなぁ・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.02

SOFT BALLET

今日はちょっとブルーな気分なので、アッパーめの曲を聴こうと引っ張り
出してきたのが

SOFT BALLET 1989-1991 the BEST...

CD帯のキャッチコピーがまたスゴイ・・。(笑)

「神も、時には、踊りだす!COOL&BEAUTYなデジロック・ユニット
 SOFT BALLETのアーリー・ベスト・コレクション!!」

売り出す為とはいえ・・コレって・・・いくらなんでもねえ・・。

この間の解散ライブで入手した1品。ソフバはこの年代の曲が一番好き
かな。ノリが良いデジロックが耳心地いいです。ソフバは、友人にすすめ
られて好きなって、ライブに行き始めたものの、2回目のライブが解散ラ
イブとは悲しい・・ようやく勉強しはじめたところだったのに。

ソフバは洋モノ好きな私にとっては未知なる分野でかなり楽しめました。
それぞれの歌に特定のフリがあって、その歌の時にはみんな同じ動き
をするのです!見ていて圧巻です。自分もフリを覚えて、ようやく同化
することができたのに・・残念です。

音楽ジャンルによって会場の雰囲気がかなり違うので、自分の体験を
もとに比較してみました。

HEAVY METAL/HARD ROCK ・・・会場全体で合唱することが多い。
ソフバ・・・それぞれの歌にあわせた手のフリ。黄色い声も多い。
テクノ・・・自分の半径1M内でひたすらシャカシャカ踊る。歯車のよう。
      DJに対する注目はそれほどない。
ヒップホップ・・・ゆったりしたとうねるような動き。黄色い声はあんまり
         あがらない。前に一人でキャーキャーいったら、超目立
         ってしまった・・・。

それぞれのジャンルにあわせて動かないと目立つゾ・・ということですね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

100円ショップのスグレモノ

最近の100円ショップは何でもあるな~と感心していたら、こんな
モノを発見!!

フリース靴下カバー(すべり止め付)

socks.jpg


柄は派手なものが多いけど、足元が暖かくて重宝してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »